ネットショッピング

【訳あり】【コルク栓不良】【並行輸入品】ワイルドターキー・ケンタッキースピリット 50.5度 750ml

価格 3,080円(税込)

当店通常価格 4,400円

3営業日以内に出荷【土日祝除く】

個数

商品情報

コルク栓の不良(画像2・3参照)のみで中身の品質は全く問題なし★
※コルク栓の上部が外れます。


マスターディスティラー“ジミー・ラッセル”が、熟成のピークに達した原酒の樽を選び抜き、ボトリングしたという、まさに誇りを具現化した格調高きワイルドターキーです。

ボトルネックのラベルには、手書きでデータが書き込まれています。

樽の内側を焦がしたオーク樽で長期熟成させた、ストレート・バーボン・ウィスキーです。

樽同士のブレンドをせず、熟成のピークにある一樽のみを少量瓶詰めしています。

ワイルドターキー

~ワイルドターキーの名前の由来~
1940年当時、蒸留所オーナーだったトーマス・マッカーシーは、知的なスポーツとされていたアメリカ原産の鳥「七面鳥」のハンティングに出掛ける際、蒸留所の貯蔵庫から1本のバーボンを持参しました。友人たちはそのバーボンがとても気に入り、翌年も同じものを持ってくるよう熱望。そして友人のひとりがそのバーボンを七面鳥狩りにちなんで「ワイルドターキー」と呼びはじめたのです。
後にマッカーシーはその友人がつけたユニークなニックネームが気に入り、ブランド名に冠することを決めました。

~ワイルドターキーと他のバーボンとの違い~
ワイルドターキーは、バーボン法の規定よりもさらに厳しいアルコール度数で蒸留、樽詰めを行っています。低いアルコール度数にこだわるのは、フレーバーとボディをより豊かに形成するためです。低いアルコール度数で蒸留することによって、原料の風味をニュー・ウイスキーの中に封じ込め、また熟成後にボトリングする時にも、なるべく原酒の風味を損なわないよう加水量を最小限に抑えることへと繋がっています。
ワイルドターキー蒸留所ではその独自のポリシーにより、1樽から製造できる製品の数は約15ケース程度ですが(他の一般的な蒸留所では約20ケース程度)、味と風味を保つためには決して妥協できない「こだわり」なのです。
(ワイルドターキーHPより)